流行り病気

2011/7/5 火曜日

七月に入ってブログが全然書けていませんでした。

実は、またまたパソコンの調子がおかしくて、自分なりに色々と直していました。

完全な素人なので、何が悪いのやらさっぱり。

全然起動してくれないし、何とか起動したと思ったら処理速度が異常に遅くて全然作業できないし・・・。

今日、何とか少しマシになってくれたので書く事が出来ました。

またいつおかしくなるか分からないので、恐る恐るいじっています。216.jpg

さて、その話は置いといて、最近色んな病気が流行っているみたいですね。

夏風邪は毎度の事ですが、うちの学区では「おたふく風邪」が流行っているみたいです。

ネットニュースを見ると「リンゴ病」も流行っているらしいとか。

リンゴ病は予防接種も無ければ治療法もなく、対症療法で対応するしかないらしいです。

これはただただ、感染しない事を祈るしかないですね。217.jpg

おたふく風邪は1歳を過ぎると予防接種が受けられるみたいですね。

うちの子供たちは、受ける事の出来る予防接種はほとんど受けさせています。

前は「おたふく風邪などはわざと病気にさせて、それで耐性を付けさせる」考えがあったみたいですが、お医者さんの話では「その考えは危険。普通ならそのうち治るが、中には合併症を引き起こして重症化するケースもある」との事です。

予防接種をしても絶対に病気にならないとの保障は無いですが、90%以上の確立で予防できるらしいですし、万が一病気になっても重症化はしないらしいです。

確かに予防接種はお金も掛かりますが、それで子供が苦しまずに済むのなら安いものです。

翔空も1歳を過ぎたので、色々な予防接種を受け始めさせました。

すでにヒブと肺炎球菌は接種済みです。

わざと病気になって耐性をつけさせるのも、子供が苦しむだけでなく、親も、その周りの人たちにも影響を及ぼしてしまうので充分に考えた方がいいと思います。

大人の方でおたふく風邪になった事がない人で、予防接種も受けていない人は気をつけてください。

大人は重症化するケースが多く、男女かかわらず子供が出来なくなる合併症を引き起こすらしいです。

大人でも予防接種は受けられるらしいので、当てはまる方は是非受けておいたほうがいいかと思います。

どの季節も色々な病気が流行りますが、健康が一番なので充分に気をつけましょうね☆