あくまでもお客様の立場で カスタマーサポート部 WEBディレクター 平井裕介
あくまでもお客様の立場で
「ホームページを作りたいんだけど」というご相談をよくいただきます。ホームページを作りたいということは、その先に何かやりたいことがあるはず。たとえば「患者さんを増やしたい」とか、「情報を発信していきたい」とか…。
 
ホームページを作りたいというニーズの裏に何があるのか?そのニーズを満たすためには何が必要なのか?それを実現するためにはどのようなアプローチが最適か?お客様のほんとうのニーズを引き出すこと―。お客様のご要望を満たすには、この作業が非常に重要だと思っています。お客様のご要望によっては、ホームページ以外のご提案もさせていただくこともあります。たとえば患者さんを増やしたいのであれば、ホームページ以外にも手段はありますからね。
 
あくまでも、お客様の立場に立ってご提案をさせていただくことを心掛けています。
ホームページ運用部としてお役に立ちたい
インターネット業界はドッグイヤー(情報技術分野における革新のスピードを表す概念)と形容されるように、流行り廃りが激しい業界です。少しでも気を抜くとあっという間にライバルに先を越されます。ホームページを成功させるには、こうした厳しい競争に勝ち抜かなければならず、それには時間と手間がどうしても必要となります。ご自分でホームページを運営なさる場合、本業とは別に、こうした手間をホームページに注がなければなりません。それだけの余裕があれば問題ないのですが、そうでない場合、どうしてもホームページがおろそかになりがちです。これでは上手くいくはずもありません。
 
そんなときこそ、我々を活用していただきたいのです。お客様の「ホームページ運用部」として活用していただければ、これほどうれしいことはありません。
信頼できるパートナーでありたい
この仕事をしていて一番嬉しいのは、やはり「効果でてます。ありがとう。」というお客様の一言です。導入いただいて初めて一安心できる瞬間ですね。中には「平井君だから導入したんだよ」と励ましをいただく場合もあり、そんな場合は本当に嬉しく思います。
 
すでに、いくつかの業者を経験された後に、弊社サービスを導入していただいたお客様がいます。このお客様は、過去にホームページで失敗されていたため、当初は私どもに対し不信感を抱いていらっしゃいましたが、何度も足を運びご提案を重ねていくにつれ、前向きにお考えいただけるようになり、最終的に導入していただくことになりました。導入が決まった後も、頻繁に足を運びホームページ業者に対するネガティブなイメージを変えることに注力しました。なぜなら、お客様から信用されていなければ決して良いものはできませんし、その後のサポート担当とのやりとりにも影響していきますからね。
 
今では時々飲みに行ったり、ご紹介もいただけるほど仲良しです。もちろんホームページの効果は絶大。「新規の患者様のほとんどはホームページから来るよ」とのお声もいただくようになりました。これからも、「信頼できるパートナー」としてのお付き合いを継続していきたいと思います。